映画「グレイテスト・ショーマン」のあらすじ、感想

ヒュー・ジャックマン
スポンサードリンク

映画「グレイテスト・ショーマン」は2017年のアメリカ映画です。
映画「グレイテスト・ショーマン」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。
日本では2018年2月16日に公開ですが、一足先に見てきました。

スポンサードリンク

■映画「グレイテスト・ショーマン」のあらすじ

バーナム(ヒュー・ジャックマン)の父は仕立屋でハレット家で働いていました。
父についって行っていたバーナムはハレット家の娘チャリティに恋をします。

 

けれどもチャリティは、寄宿制の私立女学校に行ってしまいます。

 

その間、バーナムはチャリティに手紙を出し続け二人は関係を続けます。

 

そして大人になり、バーナムとチャリティは結婚します。

ニューヨークで生活をして二人の娘に恵まれ貧しいながらもバーナムとチャリティは幸せな生活をしていました。

 

けれどもバーナムの働いていた会社が倒産して突然バーナムは職を失います。

 

そしてバーナムは銀行からお金を借りてマンハッタンにバーナム博物館を開館するのですが・・・・

■映画「グレイテスト・ショーマン」の感想

本当に良い実話の映画です。絶対オススメで見たほうが良いです。

沢山映画はありますが、殆どの映画が映画館で見てもテレビで見ても良い映画が多いですが、これは映画館で見ると良いと思います。

一緒に見た友達は2回目でした。
何度も見たくなる映画です。

この映画に出ていた人はすべてが本物の人達で頭に角が生えている人や3本足の人など、ユニークな人がいっぱい出ています。

ハッピーエンディングの映画で音楽もすごく良いです。

CDを買おうと思います。

スポンサードリンク

 

■映画「グレイテスト・ショーマン」の評価

評価は、
★★★★

■まとめ

本当に良い映画で期待を裏切りません。
ミュージカルが好きな人は絶対に見て下さいね。
何回でも見たくなります。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました