映画「オリエント急行殺人事件 2017年」のあらすじ、感想

ジョニー・デップ
スポンサードリンク


映画「オリエント急行殺人事件 2017年」は2017年のアメリカ映画です。
日本での映画「オリエント急行殺人事件 2017年」の公開は2017年12月8日ですが、ひと足先に見てきました。

 

映画「オリエント急行殺人事件 2017年」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「オリエント急行殺人事件 2017年」のあらすじ

アガサ・クリスティーの小説の映画化です。
1974年製作のイギリス映画のリメイクです。

 

私立探偵のエルキュール・ポワロは有名な探偵です。

ポワロは急に事件のためにロンドンに行くことになり、友達のブークは、オリエント急行の重役で一緒に乗って行くことになります。

 

そして、ポワロの乗ったオリエント急行の中で殺人事件が起こります。

ポワロは犯人を探すのですが・・・・

スポンサードリンク

■映画「オリエント急行殺人事件 2017年」の感想

映画の撮り方少し変わったアングルで撮ってあってとても綺麗な映画です。

イスタンブールの綺麗な風景を見たら行ってみたいと思いました。

殺人事件の映画ですが、普通の殺人映画とは違うアングルで撮ってあります。

 

1974年製作の前の映画も見たことがなかったので殺されるのは誰なのか、犯人は誰なのかと思って見ていました。
そして、殺されたのは私が想像した意外の人物で、殺した犯人も意外な人物でした。

 

すぐに想像できる内容でなかったので面白かったです。

■映画「オリエント急行殺人事件 2017年」の評価

評価は、
★★★1/2
です。

■さいごに

今日は一人で映画オリエント急行殺人事件 2017年を見たのですが、良かったです。
以前は一人で映画を見ることが出来ませんでしたが、今は一人でも平気で見れるようになりました。

殺人事件の映画ですが、キレイな映画でおすすめです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました