映画「ザ・センス・オブ・アン・エンディング」のあらすじ、感想

ドラマ
スポンサードリンク

映画「ザ・センス・オブ・アン・エンディング」The Sense of an Endingは、2017年のイギリスとアメリカの映画です。
日本ではまだ公開されていませんが、見てきました。
映画「ザ・センス・オブ・アン・エンディング」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「ザ・センス・オブ・アン・エンディング」のあらすじ

トニーは離婚して一人でカメラの修理店を営んでいました。
別れた妻マーガレットから足をけがしたので妊娠中の娘スージーの出産教室に一緒に行って欲しいと頼まれます。
その後、手紙で若い頃に関係のあった女性からの遺言で日記を受け取ることになるのですが、日記を受け取ることが出来なく・・・・

■映画「ザ・センス・オブ・アン・エンディング」の感想

とても綺麗な映画です。
イギリスの家が本当に可愛くミニクーパーが出てきたり、パブもイギリスらしいし・・・・
内容は、若い頃の思い出を思い出し、別れた妻にその話をしたりするのですが、最後は意外な展開です。
その意外な展開が私は好きではなく、一緒に見たアメリカ人の友達にこの映画はあまり好きではないと言いました。
友達は凄く良い素晴らしい映画で本当に大好きだと言っていました。

スポンサードリンク

 

■映画「ザ・センス・オブ・アン・エンディング」の評価

評価は、
★★★1/2

■まとめ

最後の意外な展開以外は本当にきれいな映画です。
出演者も全員演技力もあり良い映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました