映画 ゴーストバスターズ2016のあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画 ゴーストバスターズGhostbusters 2016を見てきました。
日本では、日本では8月19日に公開のようですが、一足先に見てきました。
映画 ゴーストバスターズ2016年のあらすじ、レビューや感想などを紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ゴーストバスターズGhostbustersのあらすじ

エリン・ギルバートは、以前ゴーストについての本をアビー・イェーツと共同で書いたのですが、コロンビア大学で心霊現象を科学的に解明するための研究をしていました。
ある日、共同で書いたゴーストの本を持ってきてゴーストに困っているという人が訪ねてきて、その本がオンラインで販売されていることを知ります。

アビー・イェーツを訪ね、本を売ることを止めて欲しいと言い、一緒にゴーストに困っているという人に会いに行きます。
そして、ゴーストを見てゴーストは本当にいるということを言っているビデオがオンラインにでて、大学に知られて大学を首になってしまいます。

しかたがないので、アビーのところに行きます。そして、一緒にゴーストバスターズをジリアン・ホルツマン、パティ・トランと一緒に設立します。
そして、ゴーストを退治するの仕事をし始めるのですが・・・・

スポンサードリンク

■映画 ゴーストバスターズの感想

友達に、ゴーストバスターズを見に行こうと言われ、一緒に見に行きましたが、思ったより良い映画でした。
予告編など見ましたが、内容のないゴースト退治だと思っていましたが、もう少し内容もあり、面白く見ることができました。
以前の古いゴーストバスターズは好きだったのですが、それよりは、レベルが下かな。
リメイクだからしょうがないのかもしれませんね。

以前のゴーストバスターズに出演していた、ビル・マーレイやシガニー・ウィーバー、ダン・エイクロイドなどもちょっとだけ出演していましたよ。

それと、バカな受付のケヴィンの役をクリス・ヘムズワースが演じていましたが、友だちが言うには、彼はオーストラリア人で、今オーストラリアのゴールドコーストに来ていて映画を撮影しているから、会うことが出来るかもと言っていました。

■映画 ゴーストバスターズの評価

星は、★★★かな?
思ったよりは、まともな映画でしたからね。
期待してみたら、星2つだったかも

■まとめ

映画は期待しすぎて見ると期待を裏切られて面白く無いですよね。
今回は、期待しないで見に行ったので映画 ゴーストバスターズGhostbustersは面白かったです。
いつもは、自動販売機でチケットを買うのですが、今回は機会の調子が悪く受付で買ったらゴーストバスターズのポスターを貰いました。
どこかでクリス・ヘムズワースに会えるかな。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました