映画「なんちゃって家族」のあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画「なんちゃって家族」We’re the Millersは、2013年にアメリカ映画です。
映画なんちゃって家族「」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「なんちゃって家族」のあらすじ

デヴィッドは、マリファナの売人です。けれども売上金を盗まれてしまいます。
そのため、元締めのブラッドにメキシコから麻薬を運び出す仕事を頼まれます。
一人では怪しまれるため、ストリッパーのローズとホームレスのケイシー、童貞のケニーと家族のフリをしてキャンピングカーで麻薬を運び出すことにしますが・・・・

■映画「なんちゃって家族」の感想

最初はバカバカしくって面白くないと思って、テレビで何度もやっていたのですが、少し見ては直ぐチャンネルを変えて全部見たことがなかったのですが、
ネットフリックスで家族が見るので、最初はバカバカしかったのに段々引き込まれて最後まで見てしまいました。
ハッキリ一言で言うと面白かったです。
バカバカしい話だけではなく、最後も心温まる終わり方になっていて良いストーリーです。
ジェニファー・アニストンも、ストリッパーの役を上手に演じています。
ジェニファー・アニストンが好きな男性は見たいのではないでしょうか?

スポンサードリンク

■映画「なんちゃって家族」の評価

評価は、
★★★1/2
です。

■まとめ

コメディでバカバカしくありえない話ですが、面白いです。
面白さの中にも心温まる話になっていておすすめです。
特にジェニファー・アニストン男性ファンにはおすすめです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました