映画「ヒドゥン・フィギュアズ」のネタバレ、感想

ネタバレ
スポンサードリンク

映画「ヒドゥン・フィギュアズ」Hidden Figuresは、2017年のアメリカ映画です。
日本では未公開ですが、一足先に見てきました。
映画「ヒドゥン・フィギュアズ」のネタバレや、感想、レヴューを紹介します。
ネタバレなので結末を知りたくない人は映画「ヒドゥン・フィギュアズ」のあらすじ、感想 を見て下さいね。


スポンサードリンク

■映画「ヒドゥン・フィギュアズ」のあらすじ

1961年アメリカの黒人のキャサリンは小さい時から優秀で数学ができ奨学金で大学に進みNASAで働きます。
キャサリン(タラジ・P・ヘンソン)は、友人の黒人女性のドロシー(オクタヴィア・スペンサー)とメアリー(ジャネール・モネイ)と一緒に、アメリカのNASAで働いていました。
その頃のアメリカは、黒人の差別が激しくバスも後ろの方の席が黒人専用で、図書館も利用すると白人に追い出され、NASAでもトイレは黒人専用のトイレを使わないといけませんでした。
キャサリンとドロシーとメアリーは、そんな黒人差別の中でNASAで働きます。

キャサリンはNASAのスタッフ全員白人の中で計算の仕事をするのですが、スタッフに意地悪されながら天才的な数学の才能で問題を解決していきスタッフも驚きます。
アル・ハリソン(ケヴィン・コスナー)は、キャサリンの才能を認め大事な会議にもキャサリンを出席させ、みんなの前でキャサリンは計算して問題を解決してみせます。
けれどもIBMのコンピューターが入り、キャサリンの計算能力は必要なくなります。

NASAで宇宙飛行当日に、コンピューターの計算が違っているかもしれないと・・・・
そして、飛行士がキャサリンを名指しで計算を調べ直して欲しいと言います。
キャサリンは、計算し直し正しい数字を出します。

友人のドロシーもスーパーバイザーに昇進し、メアリーもエンジニアになります。
黒人女性の差別が酷かった時代の3人の黒人女性のサクセスストーリーです。

■映画「ヒドゥン・フィギュアズ」の感想

明るく頑張る3人の黒人女性のサクセスストーリーで勇気づけられます。
見ると自分ももっと頑張らないといけないと思えます。
昔のアメリカでは、同じ人間なのにあんな差別を黒人の人達は受けていたのかと思うと本当にひどいなあと思いました。
今日は、アメリカ人の白人の友達と見たのですが、その話はしませんでした。
彼女もその話には触れませんでしたし・・・

スポンサードリンク

■映画「ヒドゥン・フィギュアズ」の評価

評価は、
★★★1/2
です。

■まとめ

おすすめ映画です。頑張る3人の女性に勇気づけられます。
見ると元気になれます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました