映画「ヒドゥン・フィギュアズ」のあらすじ、感想

実話
スポンサードリンク

映画「ヒドゥン・フィギュアズ」Hidden Figuresは、2017年のアメリカ映画です。
日本ではまだ未公開ですが、一足先に見てきました。
映画「ヒドゥン・フィギュアズ」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「ヒドゥン・フィギュアズ」のあらすじ

1961年アメリカの黒人のキャサリンは小さい時から天才的な才能を持ち数学ができ奨学金で大学を卒業します。
黒人のキャサリン(タラジ・P・ヘンソン)は、黒人のドロシー(オクタヴィア・スペンサー)とメアリー(ジャネール・モネイ)と一緒に、アメリカのNASA働いていました。
その頃のアメリカは、黒人の差別が激しくバスも後ろの方の席が黒人専用で白人と差別され、黒人が図書館を利用すると白人に追い出されていました。
もちろんNASAでもトイレは黒人専用のトイレを使わないといけませんでした。
キャサリンとドロシーとメアリーは、そんな黒人差別をされながらもNASAで働き続けるのですが・・・・・

■映画「ヒドゥン・フィギュアズ」の感想

この映画は本当に見てよかったです。
実話から出来た映画なので、この時代のアメリカで黒人差別されながらも頑張る3人の女性に勇気づけられます。
まだ自分は頑張りが足らないと思います。
音楽も良いです。

スポンサードリンク

【送料無料】 Hidden Figures: The Album 輸入盤 【CD】

■映画「ヒドゥン・フィギュアズ」の評価

評価は、
★★★1/2
です。

■まとめ

実話で頑張る黒人女性に勇気づけられます。
仕事で嫌な思いをしている人も、この映画を見ればもっと頑張らないといけないと思えます。
おすすめ映画です。

スポンサードリンク

コメント

  1. masa より:

    国際線で観ました。
    久し振りに良い映画でした。
    是非、働く女性に観て欲しいです。

    • eiga より:

      コメントありがとうございます。
      これは本当に良い映画ですよね。
      実話ですし頑張って一生懸命の姿を見ると自分ももっと頑張らないとと思えます。

タイトルとURLをコピーしました