映画「ベガスの恋に勝つルール」のあらすじ、感想

アシュトン・カッチャー
スポンサードリンク

映画「ベガスの恋に勝つルール」What Happens in Vegas.は、2008年のアメリカ映画です。
映画「ベガスの恋に勝つルール」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「ベガスの恋に勝つルール」のあらすじ

ジャック(アシュトン・カッチャー)は、父の会社で働いていたのですが、遊んでばかりいるのでクビになります。

ジョイ(キャメロン・ディアス)は、ボーイフレンドの誕生日にサプライズパーティをするのですが、その時にみんなの前で振られてしまいます。

ジャックは、スティーヴと一緒にラスベガスに行きますが、ホテルの間違いで、ジョイとティッパーと同じ部屋になっていて、そこで、4人はホテルと交渉しペントハウスにしてもらいます。

そして、4人で遊びに行くのですが、ジョイとジャックは酔った勢いで結婚してしまっていることを翌朝知り・・・・・

■映画「ベガスの恋に勝つルール」の感想

バカバカしくてくだらない映画ですが、面白かったです。
最初からバカバカしいと思ってみたから、余計そう思えたのかもしれませんが・・・・

笑える場面もいっぱいあって、
最後は私の好きなハッピーエンドで終わります。

スポンサードリンク

■映画「ベガスの恋に勝つルール」の評価

評価は、
★★★
です。

■まとめ

ロマンチックコメディで、笑える映画です。
ロマンチックコメディが好きで笑いたい人にはおすすめ映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました