映画マダム・フローレンス! 夢見るふたり Florence Foster Jenkinsのあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画マダム・フローレンス! 夢見るふたりFlorence Foster Jenkinsを見ました。
映画フローレンス・フォスター・ジェンキンスのあらすじ、レビューや感想、評価を紹介します。

スポンサードリンク

■映画マダム・フローレンス! 夢見るふたりのあらすじ

大金持ちのフローレンス・フォスター・ジェンキンス(メリル・ストリープ)は、音楽が大好きでした。
夫のセント・クレア・ベイフィールド(ヒュー・グラント)は、彼女とは一緒に住んでいませんでした。

フローレンス・フォスター・ジェンキンスは、音痴で、ソプラノ歌手のレッスンを受けるのですが上達しません。
それでも、自分では上手に歌えていて才能があると思っています。

夫のセント・クレア・ベイフィールド(ヒュー・グラント)は、才能がないことがわかっていても彼女のためにお金を使ったりして、新聞にも評価を良くするように、下手なことを書いてもらわないようにしたりしたのですが、・・・・

最後は、フローレンス・フォスター・ジェンキンスは、カーネギー・ホールでコンサートを開催させる夢を叶えますが、新聞の悪評を知り病気がひどくなり亡くなります。

■映画マダム・フローレンス! 夢見るふたりの感想

フローレンス・フォスター・ジェンキンスは、実在の人物で実際にあった話なのですが、コメディドラマで笑ってみることができました。

スポンサードリンク

ピアニストの役は、最初、どこかで見た顔だけれど、誰だろうとなかなかわかりませんでしたが、テレビドラマ「ビックバン★セオリーギークなボクらの恋愛法則」のサイモン・ヘルバーグでした。
とても上手で、ぴったりな役でした。
もちろんヘアースタイルも変わっていましたよ。

メリル・ストリープは、歌は上手です。
ミュージカルもやったことがあるんですよね。
でも、メリル・ストリープは、このフローレンス・フォスター・ジェンキンス役のために下手に歌うレッスンを受けたそうです。

■映画マダム・フローレンス! 夢見るふたりの評価

Ost: Florence Foster Jenkins


星は、
★★★1/2
でしょうか

メリル・ストリープ、ヒュー・グラント、サイモン・ヘルバーグはとても上手に演技をしていました。

■まとめ

映画館で見て良かった映画です。
予告編も面白いですけど、期待を裏切られません。
面白いだけでなく、周りの優しさに支えられたフローレンス・フォスター・ジェンキンスは、幸せな人だと思いました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました