映画「プラダを着た悪魔」のあらすじ、感想

アン・ハサウェイ
スポンサードリンク

映画「プラダを着た悪魔」The Devil Wears Pradaは、2006年のアメリカ映画です。
映画「プラダを着た悪魔」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「プラダを着た悪魔」のあらすじ

アンドレアは、ジャーナリストになりたくて、ファッション雑誌の会社に面接に行くのですが1度はダメだと言われたのですが、結局就職することが出来ます。
アンドレアはファッションに興味もなくオシャレには程遠い服装をいつもしていました。
ミランダは、すべての人が恐れる怖い上司です。
アンドレアは次第にファッションにも目覚めおしゃれになり、ミランダの言われることをこなして行くのですが・・・・・

■映画「プラダを着た悪魔」の感想

この映画プラダを着た悪魔は私の大好きな映画です。
もう何度も見ていますが、なんど見ても良いです。
主人公のアンドレアが、いつも電話を持ってプライベートな時間も電話で、ほとんどの時間は仕事を一生懸命しているところが、以前働いていた自分とよく似ているんですよね。
だから主人公の気持ちが手に取るようにわかるからなんです。

そして、この映画は私の好きなハッピーエンドで終わります。
やっぱりハッピーエンドで終わる映画は見た後気持ちが明るくなるので良いです。

ミランダを演じるメリル・ストリープはやっぱり演技が上手です。
あの意地悪な役を本当に上手に演技しています。

スポンサードリンク

主人公のアンドレアのアン・ハサウェイも上手です。
そして、エミリー役のエミリー・ブラントも上手です。

■映画「プラダを着た悪魔」の評価

評価は、
★★★★
です。

■まとめ

映画「プラダを着た悪魔」は、おすすめ映画です。
見てない人は是非見て下さいね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました