映画「エルフ サンタの国からやってきた」のあらすじ、感想

ウィル・フェレル
スポンサードリンク

映画「エルフ サンタの国からやってきた」Elfは、2003年のアメリカ映画です。
映画「エルフ サンタの国からやってきた」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「エルフ サンタの国からやってきた」のあらすじ

クリスマスの日にサンタクロースは知らない間に袋に入ってしまった孤児院から赤ちゃんを連れて帰ってしまいます。
エルフたちの世界で赤ちゃんはバディと名付けられ大きくなり30歳になります。
バディのパパは本当は人間でニューヨークに本当のお父さんが住んでいると教えます。
バディ(ウィル・フェレル)はお父さんに会うためにニューヨークに行きます。
けれども人間の世界を知らないバディは、桁違いの変な行動でお父さんに追い出されてしまいます。
エルフの服装をしたバディはデパートでコスチュームを着たスタッフに間違えられデパートで働くのですが・・・・

スポンサードリンク

■映画「エルフ サンタの国からやってきた」の感想

「エルフ サンタの国からやってきた」は、私のお気に入りの映画の一つです。バカバカしいけれど本当に面白いです。
ウィル・フェレルはやっぱり面白いです。
こんなに面白い映画が日本では劇場未公開なんですね。
日本語では面白さが伝わりにくいからなのでしょうか?

エルフ~サンタの国からやってきた~(字幕版)

■映画「エルフ サンタの国からやってきた」の評価

評価は、
★★★1/2
です。

■まとめ

「エルフ サンタの国からやってきた」は本当に面白いのでおすすめです。コメディが好きな人は是非見て下さいね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました