映画「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」のあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」Dumb and Dumber To は、2014年のアメリカ映画です。
映画「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」のあらすじ

ハリー・ダン(ジェフ・ダニエルズ)は、20年間、ロイド・クリスマス(ジム・キャリー)をお見舞いに行って世話をしていました。
ハリーは病気で腎臓移植をいないといけませんでした。それを聞いたロイドは「病気のふりをしていた」と言って元気になります。
ロイドとハリーは腎臓移植の出来る血縁者を探すことにしたのですが・・・・

■映画「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」の感想

映画「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」は、1994年に製作されたジム・キャリー主演のコメディ映画『ジム・キャリーはMr.ダマー』(Dumb and Dumber)の続編です。
ですので、それを見ていたほうが面白いです。
でも、本当にバカバカしい映画です。
気持ちが落ち込んでいる人が見たら、少しは元気になるかもしれませんが・・・・
良くもここまでバカバカしい映画が出来た作品だと思います。

ハリー・ダンの役のジェフ・ダニエルズはスピードやシリアスな映画にも出演しているのに、ここまで馬鹿な役もこなせるのは凄いです。

スポンサードリンク

■映画「帰ってきたMr.ダマー バカMAX!」の評価

評価は、
★★
です。

■まとめ

本当にバカな話です。
コメディが好きな人にはおすすめです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました