映画「子連れじゃダメかしら?」のあらすじ、感想

アダム・サンドラー
スポンサードリンク

映画「子連れじゃダメかしら?」Blendedは、2014年のアメリカ映画です。
映画「子連れじゃダメかしら?」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「子連れじゃダメかしら?」のあらすじ

ジム(アダム・サンドラー)はバツイチで3人の娘がいます。
ローレン(ドリュー・バリモア)はバツイチで2人の息子がいます。

二人はお見合いデートで初めて会うのですが、失敗でした。

ローレンはアフリカに家族旅行に行ったら、ジムも家族旅行でアフリカに来ていて、二家族は一緒に過ごすことになってしまいます。

■映画「子連れじゃダメかしら?」の感想

初めの方は、バカバカしい内容で見るのを止めようと思ったくらいです。
でも、見ているうちにだんだん良くなって来て見て良かったです。

子供のいない人は見ても面白くないかもしれませんが・・・・
一緒に見た子供のいない友達はバカバカしいし、つまらないと言っていました。

私はアダム・サンドラーが好きなのですが、アダム・サンドラーは、この役はピッタリで良かったです。

スポンサードリンク

■映画「子連れじゃダメかしら?」の評価

評価は、
★★★
ですね。

■まとめ

ウエディング・シンガーが好きで何度も見ていますが、同じくらい面白いロマンチックコメディです。
ロマンチックコメディが好きな人は見てみて下さいね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました