映画「エレクトラ」のあらすじ、感想

アクション
スポンサードリンク

映画「エレクトラ」Elektraは、2005年のアメリカ映画です。
映画「エレクトラ」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「エレクトラ」のあらすじ

デアデビルで死んでしまったエレクトラ(ジェニファー・ガーナー)が主役の映画です。
そして、エレクトラは暗殺者になっています。
13歳のアビーは、エレクトラの家に忍び込みエレクトラが大事にしていたペンダントを盗もうとします。
エレクトラに捕まりますが、エレクトラは許します。
そして、エレクトラに来た次の暗殺のターゲットはアビーとアビーの父でした。
エレクトラは、アビーとアビーの父を暗殺することが出来ず、彼らを守ることにするのですが・・・・

■映画「エレクトラ」の感想

アメリカ人や海外の人に人気のある忍者ですが、この映画に出てくる忍者はあまりにも馬鹿馬鹿しいあり得ない設定です。
こうゆう内容は日本人は好きじゃないですが、海外の人には人気なんですよね。

でも、エレクトラが簡単に?というかあり得ない倒し方で相手を倒していきますが・・・・
二流の忍者漫画みたいです。

つまらない内容で好きじゃないです。

でも、タトゥーのいう暗殺者が出ていますが、体のタトゥーが本物の鳥になったりする映像は凄いと思います。

スポンサードリンク

■映画「エレクトラ」の評価

評価は、
★★
です。

■まとめ

特に忍者などのアクション映画が好きな外国人に好まれる映画です。
このタイプの映画は日本人は好きな人と嫌いな人と別れると思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました