映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のネタバレ、感想

実話
スポンサードリンク


映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」The Founderは、2016年のアメリカ映画です。
日本での公開は未定ですが、見てきました。
映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のネタバレや、感想、レヴューを紹介します。
ネタバレなので結末を知りたくない人は映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のあらすじ、感想を見て下さいね。

スポンサードリンク

■映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」のあらすじ

マクドナルドのフランチャイズの実話がベースになった映画です。

 

1954年、レイ・クロック(マイケル・キートン)は、ミルクシェイクマシーンのセールスマンです。

いつも、夜はポジティブシンキングのレコードを聞いていました。

あちこちのレストランにセールスに行っては断られたりしてレイのビジネスは上手くいっていませんでした。

 

ある日、オフィスから電話で6個のミルクシェイクマシーンのオーダーが来ているといいます。
間違いだと思いレストランに電話をしたら、6個は間違いで8個欲しいと言われます。

 

レイはカリフォルニアにあるハンバーガーのレストラン マクドナルドに行きます。

その頃はどのレストランも20分から30分は待つのは当たり前でした。
けれども、30秒でハンバーガーが出来てくることにレイは驚きます。

 

レイは、その店のディックとマックのマクドナルド兄弟に店の中に案内されどうやって作っているかを見せてもらいます。

そして、どうやってハンバーガーを早く作ることに成功したのか、話を聞きます。

 

レイは、マクドナルド兄弟にフランチャイズビジネスを持ちかけます。

マクドナルド兄弟は始めは断っていましたが、結局レイの話に乗ります。

 

そして、フランチャイズになったハンバーガーのレストラン マクドナルドはアメリカにたくさんできます。

利益を作ることができなかったミルクシェイクをパウダーを使ってミルクシェイクを使用したいとレイはマクドナルド兄弟に言うのですが、許可を得ることが出来ません。

 

レイは許可無しでパウダーを使ったミルクシェイクを店で使います。

 

そして、最後は別会社のマクドナルド フランチャイズという会社を作ってしまい、その後にレイはマクドナルド兄弟から、270万ドルで権利を買い取ります。

 

1%利益をマクドナルド兄弟に渡す話だったのにレイは約束を守りませんでした。

 

そして、ビジネスがうまくいかないときから協力してきた妻ともビジネスがうまくいくようになったら別れ、自分が好きになった女性と再婚します。

スポンサードリンク

■映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ」の感想

友達と一緒に見たのですが、友達もこの映画は好きだと言っていました。
長いストーリを115分の中に上手にまとめて作ってあります。

真面目なマクドナルド兄弟は、レイに騙された形です。
レイは、勝手なことをして自分のことばかり考えて・・・
これが典型的なアメリカのビジネスマンの考えなのでしょうね。

レイは本当に嫌なやつですが、映画としては本当に良い映画です。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ [ マイケル・キートン ]
価格:3078円(税込、送料無料) (2018/3/8時点)

 

■映画「ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツThe Founder」の評価

評価は、
★★★1/2
です。

■まとめ

マクドナルドのフランチャイズビジネスのサクセスストーリーです。
とても上手に作ってある映画でおすすめです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました