映画「ダークナイト」のあらすじ、感想

アクション
スポンサードリンク

映画「ダークナイト」The Dark Knightは、2008年のアメリカ・イギリス共作映画です。
映画「ダークナイト」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「ダークナイト」のあらすじ

ピエロの姿をした強盗たちがゴッサム・シティ銀行を襲います。
そこで、強盗達は撃ち合いになりジョーカーが生き残り、預けてあったマフィアの資金を盗みます。

マフィアの会議にジョーカーは現れて資金の半分と引き換えにバットマンを殺す事を提案するのですが・・・・

一方、バットマンと検事のハービー・デント、ゴッサム市警のジム・ゴードンはゴッサムから犯罪をなくすため働いていたのですが・・・

そして、ジョーカーはバットマンが正体を明らかにしない限り、人々を殺し続けると脅迫してきます。
ブルース・ウェインは正体を明かそうと思っていたら、デントが自分がバットマンだと宣言してしまいます。

■映画「ダークナイト」の感想

特に映画「ダークナイト」はヒース・レジャーの最後の作品だから映画館で見たいと思っていたのですが見ませんでした。
152分の長い映画です。
ブルーレイが買ってあったので家で見たのですけど、映画館で見たらトイレに行きたくなってしまったかもしれませんね。

第81回アカデミー賞助演男優賞、撮影賞、美術賞、メイクアップ賞、視覚効果賞、音響編集賞、編集賞ノミネートされ、
助演男優賞、音響編集賞を受賞しています。

よく出来た映画ですが、残酷な映画で、特にジョーカーが凄いです。

スポンサードリンク

この映画はバットマン ビギンズの続編ですが、どちらかというと私はバットマン ビギンズの方が好きです。

■映画「ダークナイト」の評価

評価は、
★★★1/2
です。

■まとめ

「ダークナイト」は、よく出来た映画です。
たくさんの賞にノミネートされ受賞もしていますから見ていない人は1度は見ると良い映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました