映画「ニュー・イン・タウン」のあらすじ、感想

レネー・ゼルウィガー
スポンサードリンク

51edcq0jtl-_ss160_
映画「ニュー・イン・タウン」New in Townは、2009年のアメリカのロマンチックコメディ映画です。
日本では未公開です。
映画「ニュー・イン・タウン」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「ニュー・イン・タウン」のあらすじ

ルーシー(レネー・ゼルウィガー)はマイアミで、コンサルタントの仕事をしていましたが、ミネソタ州の工場を管理するために冬のミネソタに行きます。
始めは工場の人達はルーシーを受け入れてくれなかったのですが、少しずつ受け入れたくれるようになり、ルーシーも彼らを受け入れるようになります。
始めはテッド(ハリー・コニック・ジュニア)とも喧嘩になったり対立していたのですが、ルーシーが吹雪で車ごと雪の中に閉じ込められた所を救助されてから、お互いが変わっていき・・・・

スポンサードリンク

■映画「ニュー・イン・タウン」の感想

レネー・ゼルウィガーの得意のロマンチックコメディです。
ハリー・コニック・ジュニアもかっこよく好きです。

よくあるストーリという感じで少し見れば内容も想像できてしまいます。
もう少しヒネリが欲しい映画です。

■映画「ニュー・イン・タウン」の評価

評価は、
★★1/2
ですね。

■まとめ

レネー・ゼルウィガーは、ブリジット・ジョーンズの日記で太ったり痩せたりしすぎたせいなのか、整形手術しすぎなのか、最近の顔はすっかり変わりましたよね。
ブリジット・ジョーンズの日記3では、大分元に近くなってましたけど・・・
女優さんの仕事は大変ですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました