映画「ハンガー・ゲーム2」のあらすじ、感想

アクション
スポンサードリンク

映画「ハンガー・ゲーム2」The Hunger Games: Catching Fireは、2013年のアメリカ映画です。
映画「ハンガー・ゲーム2」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「ハンガー・ゲーム2」のあらすじ

カットニスとピーターは第74回ハンガーゲームの優勝者として凱旋ツアーで各地区で演説をします。

そして、カットニスとピーターはこれでハンガー・ゲームは終わりだと思っていました。
スノー大統領は、カットニスが気に入らないので殺そうと思い、第75回ハンガー・ゲームは歴代の優勝者たちを集めたゲームとなり、カットニスとピーターは又ハンガー・ゲームに出場することになります。
歴代の優勝者たちが相手なので前回よりも大変なゲームとなり・・・・・

■映画「ハンガー・ゲーム2」の感想

ハンガー・ゲームは人を殺して生き残るゲームなので嫌いです。

でも、このハンガー・ゲーム2のインタビューで着るドレスが白のウエディングドレスのようだったのがクルクル回ると赤く燃え上がりブルーブラックの鳥のドレスに変わる映像は本当に素晴らしいです。

ハンガー・ゲーム2は、前回よりも良かったと思います。
でも、最後の終わり方が途中で、絶対にハンガーゲーム3を見ないといけない作りになっています。

ハンガー・ゲーム1を見た時、絶対後編は見ないと思っていたのですが、「世界一キライなあなたに」を見てから好きになったサム・クラフリンが出演していることを知ったので見ました。
フィニック・オデイルの役ですが、良い人の役で良かったです。

スポンサードリンク

■映画「ハンガー・ゲーム2」の評価

評価は、
★★★
ですね。

■まとめ

小説ハンガー・ゲームが凄い人気で映画化された映画ですが、残酷な映画です。
ハンガー・ゲーム1がひどかったから、ハンガー・ゲーム2はそれよりもマシかなと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました