映画「ハンガー・ゲーム」のあらすじ、感想

アクション
スポンサードリンク

映画「ハンガー・ゲーム」The Hunger Gamesは、2012年のアメリカ映画です。
映画「ハンガー・ゲーム」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画「ハンガー・ゲーム」のあらすじ

ハンガー・ゲームは12歳から18歳までの男女1名ずつが選出され、男女24人が殺し合う殺人サバイバルゲームです。
ランダムに選ばれるのですが、カットニス(ジェニファー・ローレンス)の12歳の妹プリムローズは選ばれてしまいます。
けれどもボランティアでカットニスは妹の代わりに出場することになります。
同じ地区のピーターも選ばれ一緒に戦うことになるのですが・・・・・

■映画「ハンガー・ゲーム」の感想

私はこの映画は嫌いです。
人を殺して生き残るゲームなんて大嫌いです。
映画でもイヤです。
この映画のコリオラヌス・スノー大統領はドナルド・トランプだと言う人も今はいるらしいですが・・・・
こんな残酷な小説、映画がヒットしたなんて・・・・

スポンサードリンク

■映画「ハンガー・ゲーム」の評価

評価は、
★★
です。

■まとめ

とにかく残酷な映画です。
私は好きではありません。
でも、小説も人気で映画もヒットしました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました