映画「ザ・コンサルタント」The Accountantのあらすじ、感想

アクション
スポンサードリンク

映画 「ザ・コンサルタント」The Accountantは、2016年のアメリカ映画です。
映画 「ザ・コンサルタント」The Accountantは、日本での公開は2017年1月21日のようですね。
一足先に映画 「ザ・コンサルタント」The Accountantを見てきました。
映画 「ザ・コンサルタント」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画 「ザ・コンサルタント」のあらすじ

クリスチャン(ベン・アフレック)は自閉症ですが数字には強く大人になってから会計士になります。

クリスチャンは子供の時、弟と一緒に父に厳しく育てられ、特別に戦いのトレーニングも受けいじめられたらやり返すように教えられます。

クリスチャンはリビング・ロボティクス社の会計をするのですが、クリスチャンはそこの会計士ダナ(アナ・ケンドリック)と61000000ドルが横領されていることを見つけます。
そのことをラマー・ブラック(ジョン・リスゴー)に言うのですが、これでこの事は終わりにして欲しいと言われてしまいます。

スポンサードリンク

それから、クリスチャンの他の会計士のクライアントはクリスチャンを呼べと言って殺し屋に命を狙われます。
クリスチャンはそこに現れクライアントを助け、その殺し屋からダナを殺すようにも言われていることを聞きます。

そして、クリスチャンは・・・・・

■映画 「ザ・コンサルタント」の感想

すごく良かったです。
ベン・アフレックが好きなんですが、やっぱりベン・アフレックは良いです。

この映画は最初は良くわからないのですが、最後に全部が結びつきます。
よく出来た映画です。

■映画 「ザ・コンサルタント」の評価

評価は、
★★★★
です。

■まとめ

128分で長い映画ですが、長さを感じさせない良い映画でした。
アクション、スリラーですが、おすすめ映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました