映画 「スパイダーマン2」のあらすじ、感想

アクション
スポンサードリンク

映画 「スパイダーマン2」Spider-Man2は、2004年のアメリカ映画です。
2002年のスパイダーマンの続編です。
映画 「スパイダーマン2」のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画 「スパイダーマン2」のあらすじ

前回、ピーター(トビー・マグワイア)はゴブリンを倒し、ゴブリンが親友ハリーの父でハリーの父の遺体をスパイダーマンの姿ではリーの家に戻す所をハリーに見られてしまいます。
ハリーは、それからスパイダーマンを憎みます。

ピーターはスパイダーマンが忙しく、ピザの宅配の仕事もクビになり大学の勉強もしっかりできず・・・・
そして、MJ(キルスティン・ダンスト)との約束もスパイダーマンで忙しく守ることが出来ません。

MJに自分がスパイダーマンだと打ち明けることも出来なく、愛していると言うことも出来ません。

ハリー(ジェームズ・フランコ)の紹介でオクタピアスのアシスタントの仕事をしますが、オクタピアスの公開実験は失敗して、オクタピアスの妻は死亡、
スパイダーマンがハリーを助けますが・・・・
オクタピアスは病院に運ばれ手術をしようとするのですが医師を殺し逃げるのですが・・・・

そして、ピーターはスパイダーマンの力がなくなり、視力ももとに戻りメガネが必要になり、蜘蛛の糸も手からでなくなり、普通の人になってしまいます。
そんな普通の人の生活をエンジョイしていたピーターですが・・・・・

■映画 「スパイダーマン2」の感想

スパイダーマンの続編です。
普通は、続編はそんなに良くないことが多いのですが、これはスパイダーマン1より良いです。

スパイダーマン1も好きですが、2はもっと好きです。
トビー・マグワイアもホントに演技が上手く良いです。

スポンサードリンク

アクションもありドラマ、人間愛、恋愛などいっぱい含まれているのに、詰め込みすぎではなく、ものすごく良くって、とても上手に作ってある映画です。
第77回アカデミー賞において視覚効果賞を受賞しただけあって、映像も素晴らしいです。

スパイダーマンというタイトルだと、ただのヒーローのアクション映画みたいですが、これは違います。

人間関係も奥深く表現されて私の好きな映画です。

■映画 「スパイダーマン2」の評価

評価は、
★★★★
です。

■まとめ

アクション映画が嫌いな人にもおすすめな映画です。
スパイダーマン2は、何度も見ていますが、なんど見ても良い映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました