映画 ワールド・ウォーZのあらすじ、感想

パニック
スポンサードリンク

映画 ワールド・ウォーZ World War Z は、2013年のアメリカ映画
映画 ワールド・ウォーZのあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ワールド・ウォーZのあらすじ

元国連職員ジェリー・レイン(ブラッド・ピット)は、妻と子供達を車に乗って学校に送る途中で、突然渋滞になります。
急にみんなが叫びながら逃げ出し、ジェリーも家族とともに逃げ出します。
その時、ジェリーはゾンビを見て、ゾンビに噛まれた人もすぐにゾンビに変わり、人を襲い始めます。
携帯電話へ国連事務次長ティエリーから連絡が入り、ジェリーは、ゾンビの情報を送ってきた韓国の米軍基地へ行くのですが・・・・・

■映画 ワールド・ウォーZの感想

テレビの映画のコマーシャルはとても良かったので絶対見たいと思ったのですが、映画館で見なくて良かったです。

はっきいうと私は好きではありません。
こういったゾンビが出たりする映画も好きでないし、なんか現実離れしすぎだし・・・・

ものすごく怖くてドキドキ・・・・なんてシーンも殆ど無いし・・・・

それに、終わりの方に、話とは関係ないのにブラッド・ピットがペプシコーラを飲むシーンが有ったり・・・・
スポンサーだから仕方ないのでしょうが・・・・

テレビでやっていた映画なので見たのですが、途中で何度も見るのを止めようと思ったのですが、結局最後まで見ましたが、つまらない映画でした。

スポンサードリンク

■映画 ワールド・ウォーZの評価

評価は、
★★
ですね。

■まとめ

この映画はおすすめできません。
こういった映画が好きな人もいるのでしょうけど、すごく怖くてドキドキして見るシーンも少ないし・・・・
中途半端な映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました