映画 ガール・オン・ザ・トレインのネタバレ、感想

ドラマ
スポンサードリンク

映画 ガール・オン・ザ・トレイン The Girl on the Trainは、2016年のアメリカ映画です。
2016年11月18日が日本では公開ですが一足先に見てきました。
映画 ガール・オン・ザ・トレインのネタバレや、感想を紹介します。
ネタバレなので、結末を知りたくない人は
映画 ガール・オン・ザ・トレインのあらすじhttps://eiga1.net/585.htmlを見て下さいね。

スポンサードリンク

■映画ガール・オン・ザ・トレイン のネタバレ

レイチェル(エミリー・ブラント)は、毎日通勤電車の中から見える一軒の幸せそうに見える夫婦を見ていました。
レイチェルは離婚していて幸せな結婚をしていた自分を重ねて見ていました。
ある日レイチェルは妻が夫ではない男性とベランダで抱き合ってキスをしているところを見てしまいます。
その妻はミーガン(ヘイリー・ベネット)で、それから行方不明になります。

家に帰ると刑事がレイチェルを待っていました。
刑事はミーガンのことを尋ねます。
そして刑事はレイチェルにミーガンが行方不明になった金曜日は何をしていたのかを尋ねますが・・・
レイチェルは、ミーガンも知らないし、仕事から電車に乗って帰ってきたといいます。
仕事もしていないのに朝から電車に乗って夜の11時に返ってくるなんてその間何をしていたのかと刑事は聞きます。
ルームメイトはレイチェルが仕事をしていたと思っていたのに、アルコール中毒で仕事もしていなかったことを知ります。

レイチェルは金曜日の記憶がなく、金曜日は妻が夫ではない男性とベランダで抱き合ってキスをしているところを見て、すぐ電車を降りて・・・
レイチェルは家で目が覚めるのですが、体には青あざが一杯で、血だらけになっていて、その血一生懸命洗い流します。

レイチェルは刑事にミーガンが不倫をしていて他の人とキスをしていたと言うのですがとりあってもらえません。

それからミーガンが遺体で見つかります。
ミーガンは妊娠していましたが、夫の子供ではありませんでした。

レイチェルはミーガンの家に行きミーガンの夫のスコット(ルーク・エバンス)に会いミーガンが不倫をしているといいます。
そしてミーガンがキスをしていた相手が、ミーガンのサイコロジストだとわかります。

サイコロジストは警官に調べられますが、釈放されます。
今度はスコットが容疑者とされ疑われてしまい、怒ったスコットがレイチェルを脅します。

レイチェルは警察に行きますが、とりあってもらえません。
レイチェルはアルコール中毒で自分のしたことを覚えていません。

レイチェルの前夫のトムはアン(レベッカ・ファーガソン)と再婚して子供にも恵まれ幸せに暮らしていました。
ベビーシッターのミーガンが突然やめると言ってアンは困ってしまったのですが・・・・

レイチェルがいつもアンに無言電話をしたり突然家に来たりするのでアンは警察に行きます。
その時トムとレイチェルの二人は関係は続いていないのかなどと言われ不安になりトムのことを調べ始めます。
トムのバックから携帯電話を見つけ聞いてみるとミーガンと関係があることがわかります。

レイチェルは記憶を取り戻そうとするのですが、ところどころしか思い出せません。
自分がミーガンを殺したのだと思いはじめ、ルームメイトの家を出ます。

そして、電車の中で、前の夫の仕事先の上司を見たので、酔っ払ってパーティーでめちゃくちゃにしたこと、そのために夫が首になったことを誤ります。
上司は、パーティーでレイチェルは気分が悪くなり他の部屋で休んでいただけで、首になったのはトムがいろいろな人と関係を持つからだといいます。

スポンサードリンク

そして、レイチェルの記憶が戻ります。
いつもトムに暴行を受けたりしていたことを思い出します。
金曜日に血だらけになっていたのは、金曜日は妻が夫ではない男性とベランダで抱き合ってキスをしているところを見て、すぐ電車を降りたのですが、トンネルのそばでトムに会い、トムがレイチェルを殴り血だらけになったのです。
そして、トムの車でミーガンが一緒に出かける所を目撃したのでした。

ミーガンはその後トムと一緒に森に出かけトムに殺されたのでした。

記憶が戻ったレイチェルはアンに会いに行き、トムは危険だから今直ぐ逃げるように言いますが・・・・
トムが現れレイチェルを家の中に入れます。
レイチェルはミーガンの事を言うのですが、アンは知っていたといいます。

トムはレイチェルの首を絞めて殺そうとするのですが、レイチェルは家から外に逃げます。
レイチェルは、追いかけてきたトムの首にワインオープナーを刺します。
そして、トムは倒れるのですが・・・・
そこにアンがやってきてワインオープナーをもっとトムの首にめり込ませます。

二人は警察に行きトムから逃げることができなく止む終えない行動だったと証言します。
最後は、レイチェルがミーガンのお墓に行き・・・・
そして、レイチェルは今まで乗っていたのと違う電車に乗って何処かに行くのですが・・・・・

■映画 ガール・オン・ザ・トレインの感想

この映画は、最初に犯人はレイチェルかなと思うのですが、段々見ているうちにトムかもしれないと思えてきます。

トムのような人も本当に実際にいるのでしょうね。
怖い話です。

でも、最後にこんな終わり方になって・・・
レイチェルも、アンも新しい人生を歩きだすのですね。

最近はコメディっぽい映画を見ることが多かったのですが、こんなミステリーやスリラーの映画も楽しめました。
小説の実写ですが、小説を読んでいないのですが良い映画だと思います。
友達は、小説を読んでいたのですが、映画もすごく良かったと言っていました。

■映画 ガール・オン・ザ・トレインの評価

評価は、
★★★★
ですね。

■まとめ

誰が犯人なのか考えながら見る映画も良いですね。
面白くて楽しめました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました