映画 オーシャンズ13のあらすじ、感想

ジョージ・クルーニー
スポンサードリンク

映画 オーシャンズ13 Ocean’s Thirteenは、2007年のアメリカ映画です。
オーシャンズ11,オーシャンズ12の続編です。
映画 オーシャンズ13のあらすじや、感想、レヴューを紹介します。

スポンサードリンク

■映画 オーシャンズ13のあらすじ

ルーベン・ティシュコフ(エリオット・グールド)は、ウィリー・バンク(アル・パチーノ)と共同でカジノを運営することにしていたのですが、バンクに裏切られショックで寝たきりになってしまいます。
ダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)達は、バンクに復讐をしようとするのですが・・・・
バンクのカジノがオープニングの日にオーシャン達は・・・・・

■映画 オーシャンズ13の感想

オーシャンズ12に出演した人達も出演しているので12を見ていないと面白さがわかりません。
前作のオーシャンズ12は、ライナス・コールドウェル(マット・デイモン)の母親が出演していましたが、今回は父親が出演していて細かく、いろいろ面白く作ってあります。

今回は、ジュリア・ロバーツは出演していません。

オプラ・ウィンフリーのTVショーを見て泣いているダニー・オーシャン(ジョージ・クルーニー)や、ラスティー・ライアン(ブラッド・ピット)が面白かったです。
このオプラ・ウィンフリーのTVショーは今はやっていませんがアメリカや英語圏では有名な実際にあるTVショーで感動する話が多く私も大好きでいつも見ていました。
そして、最後にもオプラ・ウィンフリーのTVショーは放送されるのですが、細かいところがいろいろ面白く作ってあってとても良い映画です。

スポンサードリンク

■映画 オーシャンズ13の評価

評価は、
★★★★
ですね。

■まとめ

オーシャンズ12はわかりにくい部分が少しあったのですが、今回のオーシャンズ13はわかりやすく作ってあります。
でも、やっぱりオーシャンズ11と12は見てから見ることをおすすめします。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました