映画 マスク・オブ・ゾロのあらすじ、感想

アクション
スポンサードリンク

映画 マスク・オブ・ゾロ The Mask of Zorroは、1998年のアメリカのアクション映画です。
映画 マスク・オブ・ゾロのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 マスク・オブ・ゾロのあらすじ

覆面の剣士怪傑ゾロは、農民たちの味方で彼らの英雄でした。
ホアキンとアレハンドロのムリエッタ兄弟はゾロを助け、その時兄はゾロからペンダントを貰います。
そして、ゾロは自宅に戻った時に、妻を殺され赤ちゃんだった娘も取られ捕まえられて刑務所に入れられてしまいます。
そして、20年後脱獄して復讐をしようとするのですが・・・・

■映画 マスク・オブ・ゾロの感想

ヒットを記録して続編も作られた映画なので良い映画なのですが、私はあまり好きではありません。
ちょっとコメディぽいところもあり中途半端な映画のような気がします。
ロマンスもあるのですが、どちらかと言うと男性向きの映画だと思います。

スポンサードリンク

■映画 マスク・オブ・ゾロの評価

評価は、
★★★
ですね。

■まとめ

この映画でアントニオ・バンデラスはゾロの役をしたので、シュレックでは猫だけれど可愛くてゾロのように強い役なんですよね。
アントニオ・バンデラスやキャサリン・ゼタ=ジョーンズが好きな人にはおすすめ映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました