映画 インデペンデンス・デイ1996のあらすじ、感想

SF
スポンサードリンク

映画 インデペンデンス・デイ independence Day1996は、1996年のアメリカSF映画です。
映画 インデペンデンス・デイ1996のあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 インデペンデンス・デイ1996のあらすじ

円盤型の巨大な宇宙船がニューヨーク、ロサンゼルス、ワシントンD.C.などアメリカや世界中の大都市上空に現れます。
技師デイヴィッドは衛星通信に隠されていた信号が宇宙人同士の攻撃指令であることを知り、ホワイトハウスで働いている離婚した妻を介して大統領にそのことを伝えるのですが・・・・
宇宙船に都市は破壊されて・・・・・

■映画 インデペンデンス・デイ1996の感想

この映画を見る前に、予告を見て作るところもテレビで見たりして、それから見たので、面白さが半減してしまいました。
それ以来予告編は少し見て詳しい話は見ないようにしています。

映像とかも凄いと思います。
ただ、少しスターウォーズみたいなところがちょっとあって、そこはあまり好きではありません。

スポンサードリンク

でも、それ以外は良い映画だと思います。
エイリアンもリアルで気味が悪いです。

インデペンデンス・デイ:リサージェンス 2枚組ブルーレイ&DVD (初回生産限定) [Blu-ray]

■映画 インデペンデンス・デイ1996の評価

評価は、
★★★1/2
ですね。

■まとめ

インデペンデンス・デイの続編は見なかったのですが、今度みたいです。
コレはあまりテレビでもコマーシャルが少なかったし映画館で見たいと思いませんでした。
コマーシャルの力は大きいですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました