映画 俺たちフィギュアスケーターのあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画 俺たちフィギュアスケーター Blades of Gloryは、2007年のアメリカの映画です。
映画 俺たちフィギュアスケーターのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 俺たちフィギュアスケーターのあらすじ

チャズ・マイケル・マイケルズ(ウィル・フェレル)とジミー・マッケルロイ(ジョン・ヘダー)は、フィギュアスケート世界選手権シングル部門決勝で同点になって二人が1位になります。
けれども、表彰台の上で大喧嘩になり永久追求処分を受けます。
3年後、ジミーはスケート店で働き、チャズはアイススケートショーで働いています。
ジミーは、ある日「ペア部門」には参加できる事を知り相手を探すのですが、そこで又チャズにあい大喧嘩になってしまうのですが・・・・

■映画 俺たちフィギュアスケーターの感想

全米初登場1位で、興行収入も1億ドルを超え、ヒットした映画だというのですが私にはどこが面白いかわかりません。

ウィル・フェレルは私は好きなのですが、彼が出演する映画は面白い映画も多いですが、バカバカしくてお金を出してまで見たくない映画も多いですね。

出演者は豪華ですが・・・
でも、内容がバカバカしすぎて・・・・

これは好きではありません。

スポンサードリンク

■映画 俺たちフィギュアスケーターの評価

評価は、
★★
ですね。

■まとめ

私には面白くない映画ですが、大ヒットの映画なので好きな人が多いのでしょうね。
ヒットした理由が私にはわかりませんが、よかったら見てみて下さいね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました