映画 Mr.ズーキーパーの婚活動物園のあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画 Mr.ズーキーパーの婚活動物園Zookeeperは、2011年のアメリカのコメディ映画です。日本では劇場未公開です。
映画 Mr.ズーキーパーの婚活動物園のあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 Mr.ズーキーパーの婚活動物園のあらすじ

最初は、ロマンチックな演出の求婚シーンで始まりますが、グリフィン・キーズ(ケヴィン・ジェームズ)は振られてしまいます。
それから、動物園の飼育員として働きます。
動物を他の誰よりも愛していて動物に愛情を注ぎます。
ある日、グリフィンに動物たちが話をし始めます。
恋愛の相談を動物たちにして、動物たちからアドバイスを貰うのですが・・・

■映画 Mr.ズーキーパーの婚活動物園の感想

製作総指揮がアダム・サンドラーです。アダム・サンドラーも声の出演もしています。
ケヴィン・ジェームズは本当に面白いです。映画「最後の恋のはじめ方Hitch」にも出演していますが面白いです。
シルヴェスター・スタローンも声の出演をしていますし、この映画は有名な人が多いです。
ケン・チョンも出演していますが、彼も面白くて私は好きです。

この映画は馬鹿馬鹿しいけれど面白いです。
最後はハッピーエンドで終わりますし、動物が好きな私はこの映画が好きです。

スポンサードリンク

■映画 Mr.ズーキーパーの婚活動物園の評価

評価は、
★★★
です。

■まとめ

馬鹿馬鹿しいけれどコメディ映画が好きな人にはおすすめ映画です。
ライオンの声をシルヴェスター・スタローンがやっていたりするので字幕で見て誰の声なのが楽しんで見るのがおすすめです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました