映画 フリー・ウィリーのあらすじ、感想

ファミリー
スポンサードリンク

映画 フリー・ウィリーFree Willy は、1993年のアメリカ映画
映画 フリー・ウィリーのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 フリー・ウィリーのあらすじ

ジェシーは母親に捨てられ孤児院に入れられたのですが脱走します。
そして、ストリートチルドレンになりお金を人から貰ったりしていました。
パトカーに追われてにげた水族館でシャチを見ます。
孤児院に戻され里親が見つかり引き取られます。
水族館に落書きしたペンキの掃除をしに戻りシャチ、ウィリーに会います。
ウィリーは誰にもなつかなかったのですが、ジェシーだけにはなついて・・・・
ジェシーは芸を教えたりするのですが・・・・・

■映画 フリー・ウィリーの感想

ジェシーの子役のジェイソン・ジェームズ・リクターは演技がうまいし、初めの方は上手に作ってあると思ったのだけど・・・

子供の映画だと思えば良いのかもしれないけれど・・・・
でも、レイの役のロリ・ペティは下手です。下手すぎ・・・・ひどい・・・・
英語がわからない人は気にならないと思いますが・・・・

それに、後半の保険金のストーリの内容のシーンは雑で面白くないです。

動物が好きでシャチを見たい人には良いかも・・・
最後のジェシーとウィリーの別れのシーンには感動します。

スポンサードリンク

■映画 フリー・ウィリーの評価

評価は、
★★★
です。

■まとめ

動物が好きだからDVDを持っていますが、やっぱり子供用の映画ですね。
家族で見るのは良いのではないでしょうか。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました