映画 シェフ 三ツ星フードトラック始めましたのあらすじ、感想

ドラマ
スポンサードリンク

映画 シェフ 三ツ星フードトラック始めましたChefは、2014年のアメリカ映画です。
映画 シェフ 三ツ星フードトラック始めましたのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 シェフ 三ツ星フードトラック始めましたのあらすじ

カール・キャスパー(ジョン・ファヴロー)は一流レストランの料理長です。
ツイッターで料理評論家に酷評された自分の料理が悔しく新しいメニューで挑戦しようとします。
けれどもオーナーのリーバ(ダスティン・ホフマン)はカールが新しく挑戦しようとするメニューを許してはくれません。
オーナーと喧嘩になりレストランを辞めます。
離婚した妻と息子と一緒にマイアミに行きキューバンサンドイッチの美味しさに驚きます。
そして、カールはフードトラックを息子と以前一緒に働いていたマーティン(ジョン・レグイザモ)と始めるのですが・・・・

■映画 シェフ 三ツ星フードトラック始めましたの感想

どんな話なのか知らないでみたのですが、面白かったです。

ツイッターのやり方を自分の息子に教えてもらったり、息子がツイッターでフードトラックの場所を教えてお客さんがいっぱい来たり、現代の話ならありえるかなっと思うサクセスストーリーです。

私の好きなIRONMANの監督がジョン・ファヴローで、彼がこの映画の監督・脚本・製作・主演をしたとは知りませんでした。
彼は素晴らしいです。
IRONMANの監督だからこの映画のアイデアもすごいです。

スポンサードリンク

■映画 シェフ 三ツ星フードトラック始めましたの評価

評価は、
★★★1/2
です。

■まとめ

英語のタイトルはChefで短いのに、日本語のタイトルはちょっと長すぎますよね。
この映画を見たら、キューバンサンドイッチは食べたことがないので食べたくなりました。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました