映画 ジュラシック・パークのあらすじ、感想

アドベンチャー
スポンサードリンク

映画 ジュラシック・パーク Jurassic Park 1993年のアメリカ映画です。
映画 ジュラシック・パークのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ジュラシック・パークのあらすじ

ジョン・ハモンド(リチャード・アッテンボロー)は、バイオテクノロジーを駆使して蘇らせた恐竜達がいる島 ジュラシック・パークを作ります。
アラン・グラント博士(サム・ニール)とエリー・サトラー博士(ローラ・ダーン)はモンタナで発掘をする古生物学者です。
アラン・グラント博士(サム・ニール)とエリー・サトラー博士とイアン・マルカム博士(ジェフ・ゴールドブラム)はジュラシック・パークに視察に行くのですが、・・・・・
恐竜たちはオリから逃げ出し人を襲い・・・・

■映画 ジュラシック・パークの感想

本当にすごい映画で怖い!!
本当に怖い場面が一杯です。
途中で見るのを止めたくなるくらい怖くてよく出来た映画です。
子供達の怖がる表情が怖さを余計に増しています。
子供達の演技力も凄いです。
やっぱりスピルバーグはすごいです。

スポンサードリンク

■映画 ジュラシック・パークの評価

評価は、もちろん
★★★★
です。

■まとめ

本当によく出来た怖い映画です。
DVDを持っていますが、見るたびに怖くて見るのを止めたくなります。
怖い映画を見るのを好きな人にはおすすめです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました