映画 ゴースト/ニューヨークの幻のあらすじ、感想

恋愛 ラブストーリー
スポンサードリンク

映画 ゴースト/ニューヨークの幻 Ghostは、1990年のアメリカ映画です。
映画 ゴースト/ニューヨークの幻のあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ゴースト/ニューヨークの幻のあらすじ

銀行員のサム・ウィート(パトリック・スウェイジ)は、陶芸家の恋人モリー・ジェンセン(デミ・ムーア)t一緒に住んでいました。
同じ職場のカール・ブルーナー(トニー・ゴールドウィン)とも仲が良くすべてが上手くいっていました。
ある日、サムは口座の異変に気づき調べ始めます。
カールが手伝おうとしますが、断り一人で調べていました。

サムはモリーと一緒に夜でかけますが、モリーに結婚したいと言われます。
けれども、その時、強盗が現れ・・・・

■映画 ゴースト/ニューヨークの幻の感想

何度も見ていますが久しぶりに見たら、又感動しました。
古い映画ですが、上手に作ってある映画です。
面白いところもあり、特にウーピー・ゴールドバーグは本当に面白いです。
死んだら本当にこんな風になるのかもしれないと思えます。

スポンサードリンク

パトリック・スウェイジはたしか癌で亡くなりましたね。
カールの役のトニー・ゴールドウィンは今はTVドラマのスキャンダルで大統領の役をやっていますね。

ゴースト/ニューヨークの幻 スペシャル・コレクターズ・エディション [Blu-ray]

■映画 の評価

評価は、
★★★1/2
です。

■まとめ

何度も見ていますが、良い映画だと思います。
古い映画ですが、ゴーストなどの映像も上手に作ってあります。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました