映画 ザ・エージェントのあらすじ、感想

トム・クルーズ
スポンサードリンク

映画 ザ・エージェントJerry Maguireは、1996年のアメリカ映画です。
映画 ザ・エージェントのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ザ・エージェントのあらすじ

ジェリー・マグワイア(トム・クルーズ)は、スポーツエージェントで働いています。
けれどもある時お金ばかり追求している会社が嫌になり、お金より人間関係を大切にしたいという考えを提案してクビになってしまいます。
ジェリーの考えに同意して一緒に会社を辞めてくれたのがシングルマザーのドロシー・ボイド(レニー・ゼルウィガー)です。
そして、スポーツ選手で一緒に付いてきてくれたのは、人気のないロッド・ティドウェル(キューバ・グッディング・Jr)だけでした。
ジェリーは、ロットを人気スターに育てようと頑張るのですが・・・

■映画 ザ・エージェントの感想

トム・クルーズは
ゴールデングローブ賞(1996年)男優賞
MTVムービー・アウォーズ(1996年)
を受賞しています。
そして、レニー・ゼルウィガーは、ブレイクスルー賞を受賞しています。
キューバ・グッディング・Jrは、アカデミー賞(1996年)で助演男優賞を受賞)
子役のジョナサン・リプニッキは、ヤング・アーティスト・アワードの10歳以下の子役賞を受賞しています。

この映画に出演している人達は本当にみんな上手です。

この映画でshow me the moneyという言葉がすごく流行りましたね。
日本では流行ったかどうか知りませんが・・・・

ものすごく話題になった映画です。

スポンサードリンク

よく出来た映画で、人間関係とか愛情とか考えさせられる映画です。

私が好きな映画でDVDも持っています。

■映画 ザ・エージェントの評価

評価は、
★★★1/2
です。

■まとめ

やっぱりトム・クルーズは演技がうまいです。
ナチュラルでどんな映画でも主役なのは納得できます。
レニー・ゼルウィガーもコメデイじゃなくても上手です。
トム・クルーズと同じでナチュラルな演技でいつも主役なのは納得できます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました