映画 ジュマンジのあらすじ、感想

アドベンチャー
スポンサードリンク

映画 ジュマンジ JUMANJIは、1995年のアメリカ映画です。
映画 ジュマンジのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ジュマンジのあらすじ

アランは、父が靴の製造工場を経営していて大きな家に住んでいたのですが、いつもみんなにいじめられていました。

建築現場で太鼓の音を聞き掘り出してみると木でできたジュマンジというボードゲームを見つけます。
友達のサラと一緒にゲームをはじめます。
すると、コウモリが出てきたり不思議な事が起こり始めます。
アランがサイコロを振ったら5か8がでるまでジャングルに閉じ込められてその場から姿を消してしまいます。
驚いたサラはその場から逃げ出します。

26年後、アランが住んでいた家に両親を亡くしたジュディとピーターが引っ越してきます。
ジュディとピーターは太鼓の音を聞きボードゲームを見つけます。
そして、サイコロを振ったら5がでてアランが飛び出してきました。
それから3人でゲームを続けるとライオンや猿が飛び出してきました。

けれども、その後もゲームを続けて終わらせるにはサラもゲームをしないといけません。
3人でサラを探して・・・・

スポンサードリンク

■映画 ジュマンジの感想

初めて見た時は、怖いし面白いし凄い映画だと思いました。
DVDも持っていて、もう何回も見ていますが、何度見ても面白いです。
この映画を作った人は凄いと思います。
1995年の映画ですが、この時代の映画にしては画期的な映像です。
やっぱり、ロビン・ウィリアムズは面白いし良い映画です。

ジュマンジ (字幕版)

■映画 ジュマンジの評価

評価は、
★★★★
ですね。

■まとめ

映像とかは昔の映画だから今のようには良くないけれど昔にしては凄い映像の映画です。
内容もすごく面白いです。おすすめ映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました