映画 ミセス・ダウトのあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画 ミセス・ダウト Mrs. Doubtfireは、1993年のアメリカ映画です。
映画 ミセス・ダウトのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ミセス・ダウトのあらすじ

ダニエル・ヒラードは、クビになってしまいます。
けれども3人の子供が大好きでクリスの誕生日の日にパーティは絶対ダメだと妻ミランダが言っているのにパーテイをします。

近所の人がパーテイの騒音の苦情をミランダの会社に電話してきたので自宅に帰ります。
そこで、ミランダはダニエルと言い争いになり、ミランダは離婚したいと言い出します。

仕事のないダニエルは養育権がなく週1しか子供達に会うことができません。
家政婦を雇うというミランダの話を聞いたダニエルはミセス・ダウトに変身して家政婦になりますが・・・・

スポンサードリンク

■映画 ミセス・ダウトの感想

ミセス・ダウト [Blu-ray]


コメデイで笑えるのですが、そして感動する場面もあります。
父親の愛が上手に表現された良い映画です。

ロビン・ウィリアムズは本当に良いです。
普段のインタビューでもいつも面白いことばかりで明るい性格だったのに自殺をしてしまったのはショックです。

■映画 ミセス・ダウトの評価

評価は、
★★★★
ですね。
私の好きなロビン・ウィリアムズが主演でお気に入りの映画です。

■まとめ

ロビン・ウィリアムズが自殺してから、彼の映画を見ると悲しくなります。
この映画は父親の気持ちが上手に表現されたロビン・ウィリアムズのコメディだけど感動の映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました