映画 34丁目の奇跡1994年のあらすじ、感想

クリスマス
スポンサードリンク

映画 34丁目の奇跡1994年 Miracle on 34th Street 1994年のアメリカ映画です。
映画 34丁目の奇跡1994年のあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 34丁目の奇跡のあらすじ1994年

ドリー・ウォーカーは、デパート コールスで働いていました。
そして、ドリーの娘スーザンはサンタクロースはいないと母親に言われ子供なのにサンタクロースを信じていませんでした。

ドリーは、クリスマスイベントのサンタクロース役が酔っ払っていたので
その場にいたサンタクロースに似ているクリス・クリングルにサンタクロースの役を頼みます。

クリスのサンタクロースは大人気で、ライバルのデパート・ショッパーズはガラガラです。
ランバーグの部下は、クリスにサンタクロースをやらないかと聞きますが、もうコールスと契約してしまったので出来無いと断ります。

ランバーグの部下は、サンタクロース役を取られた男にクリスをそそのかし暴力を振るうようにさせて、クリスは杖でたたいてしまいます。
そして、クリスは頭がおかしい老人だということで精神病院に入れられてしまいます。
ドリーに頼まれて弁護士ブライアン・ベッドフォードがクリスの弁護をするのですが・・・・・

スポンサードリンク

■映画 34丁目の奇跡1994年の感想

私の大好きな映画です。
何度見ても良いです。
夢があって、映像も綺麗だし、本当に現実にサンタクロースがいたらいいなあと思います。

スーザン役のマーラ・ウィルソンは、ミセス・ダウトでも本当に演技がうまく可愛いしマチルダで1997年度ヤングスターアワードの最優秀コメディ部門の女優賞を受賞して本当に演技力もあるので先が楽しみだと思っていたのに女優を辞めてしまったんですよね。
本当に残念です。

34丁目の奇跡 [Blu-ray]

■映画 34丁目の奇跡1994年の評価

評価は、
★★★★
です。

■まとめ

クラッシックの映画 34丁目の奇跡は見たことがないのですが、これもきっと良い映画なのでしょうね。
この映画は私のお気に入りの映画でおすすめです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました