映画 インディ・ジョーンズ 最後の聖戦のあらすじ、感想

アドベンチャー
スポンサードリンク

映画 インディ・ジョーンズ 最後の聖戦Indiana Jones and the Last Crusade 1989年のアメリカ映画で、インディ・ジョーンズ シリーズの第3作目
映画 インディ・ジョーンズ 最後の聖戦のあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 インディ・ジョーンズ 最後の聖戦のあらすじ

考古学教授のインディ・ジョーンズ(ハリソン・フォード)は、ドノヴァンからイエス・キリストの聖杯の所在を示す重大な遺物を手に入れイタリアのベニスに調査隊を送ったが行方不明になり探して欲しいと言われ断わります。
けれども、それが彼の父ヘンリー・ジョーンズ(ショーン・コネリー)だとわかり、引き受けることにします。そしてインディもイタリアのベニスに行くのですが・・・・・

スポンサードリンク

■映画 インディ・ジョーンズ 最後の聖戦の感想

インディ・ジョーンズ 最後の聖戦 [DVD]

このインディ・ジョーンズ 最後の聖戦は、インディが少年の時の映像もあり、この役をやっているリバー・フェニックス23歳で亡くなっています。

ショーン・コネリーは、いつもはシリアスな役ですが今回の役は少しコミカルな部分もあり上手です。

スティーヴン・スピルバーグの映画はやっぱり良いです。
何度見ても面白いです。
スティーヴン・スピルバーグは本当にいつも素晴らしい映画ばかり作りますね。
本当にすごいです。

■映画 インディ・ジョーンズ最後の聖戦の評価

評価は、
★★★★
です。

■まとめ

ハリソン・フォードもやっぱり上手です。
彼の出演している映画は、ハズレ無しというくらい全て素晴らいい映画ばかりですね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました