映画 ウェディング・シンガーのあらすじ、感想

アダム・サンドラー
スポンサードリンク

映画 ウェディング・シンガーThe Wedding Singerは、1998年のアメリカ映画です。
映画 ウェディング・シンガーのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ウェディング・シンガーのあらすじ

ロビー・ハート(アダム・サンドラー)はウエディングシンガーで、婚約者リンダと結婚する予定でした。
けれども、結婚式の当日、リンダの母からメッセージでリンダは来ないということで、結婚式は中止になります。

それから、ロビーは落ち込み仕事もめちゃくちゃ、
けれども、仕事先で働いていたジュリア(ドリュー・バリモア)が優しくしてくれ、もうすぐ結婚するというジュリアの結婚式の準備を手伝い・・・・
そうしているうちにお互い惹かれ合うようになりますが・・・・
二人は自分の気持を打ち明けようとするのですが、スレ違いで・・・・・

スポンサードリンク

■映画 ウェディング・シンガーの感想

ウェディング・シンガー~特別編集版~ [DVD]


面白いです。
ロビーの役のアダム・サンドラーはピッタリです。
ジュリアの役のドリュー・バリモアもピッタリです。
見ていて二人が一緒になって欲しいと思って見てしまいます。
ジュリアが婚約者と別れればいいのにと思って見てしまいます。
ロマンチックコメディーでおすすめです。

■映画 ウェディング・シンガーの評価

評価は、
★★★1/2
です。

■まとめ

私はロマンチックコメディーの映画が好きです。
そして、アダム・サンドラーも大好きです。
この映画ウエディングシンガーは、DVDを持っています。
何度見ても面白く良い映画だと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました