映画 若草物語1949年のあらすじ、感想

クラッシック
スポンサードリンク

映画 若草物語1949年 Little Women は、ルイーザ・メイ・オルコットの小説 若草物語で、1949年のアメリカ映画です。
映画 若草物語1949年のあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 若草物語1949年のあらすじ

父は南北戦争に出征していましたが、母は優しく、メグ(ジャネット・リー)、ジョー(ジューン・アリソン)、エイミー(エリザベス・テイラー)、ベス(マーガレット・オブライエン)の4人の姉妹は、とても仲がよく暮らしていました。
隣には、大金持ちのロウレンスが住んでいましたが、孫のローリー(ピーター・ローフォード)が来ていて、窓に向かってジョーが手を振ってから、仲良くなりロウレンス家と交際が始まります。

スポンサードリンク

■映画 若草物語1949年の感想

若草物語 [DVD] FRT-062

この若草物語の映画はどれも素敵です。
でも1949年のベス役のマーガレット・オブライエンは、秘密の花園でも素晴らしい演技ですが今回も本当に良いです。
もちろん、他の俳優さんの演技も素晴らしいです。
感動します。
小説も名作ですが、この若草物語の映画も名作です。
ローリー役のピーター・ローフォードは、ハンサムで素敵です。そして、ブルック役のリチャード・ワイラーもハンサムで素敵です。
美男美女が出演している綺麗な映画です。

■映画 若草物語1949年の評価

評価は、
★★★★★
です。
本当に良い映画です。

■まとめ

名作です。
出演者も豪華で演技もすごく上手です。
衣装も素敵で家具なども素晴らしいです。
絶対に見ることをおすすめします。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました