映画 秘密の花園のあらすじ、感想

クラッシック
スポンサードリンク

映画 秘密の花園 The secret gardenはフランシス・ホジソン・バーネットの小説です。
映画 秘密の花園The secret gardenのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 秘密の花園のあらすじ

イギリス植民地時代のインドでお金持ちでわがままに育ったメリーは突然両親が亡くなり、メリーの父の姉の夫の伯父・クレイブンに引き取られます。
叔父はロンドンに仕事ででかけていてほとんど家にはいなく、使用人と話をするだけだったのですが、クレイブンの息子コリンがいることがわかります。
彼は病気で部屋に一日中いて、泣き叫びわがままに育っていました。
ある日メリーは鍵の掛かった荒れ果てたガーデンを見つけます。
そこをシークレットガーデンと呼び使用人の息子のデックと一緒に綺麗な花がいっぱい咲いたガーデンにしていきます。
そして、コリンをこっそり連れて行きますが・・・・

スポンサードリンク

■映画 秘密の花園の感想

秘密の花園 [DVD]


フランシス・ホジソン・バーネットの小説で、映画も3作ぐらい作られています。
ミュージカルでも上映されていますし、とても良いストーリーです。
見たことのない人は見てみると良いと思います。
おすすめです。

■映画 秘密の花園の評価

評価は、
★★★★
です。

■まとめ

家族で見ても良い映画だと思います。
最初の方は、あまりのわがままな子供に腹が立つくらいですが、良い子に変わっていきます。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました