映画 ラングーンを越えてのあらすじ、感想

ドラマ
スポンサードリンク

映画 ラングーンを越えて Beyond Rangoon は、1995年制作のアメリカ映画です。
映画 ラングーンを越えてのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ラングーンを越えてのあらすじ

アメリカ人の医者ローラ・ボーマンは、夫と息子を殺され、姉アンディとラングーンを旅行します。
けれども、パスポートをなくしたローラだけは帰国することができません。
パスポートの発行まで待つ間に街中をひとりで歩いていたら、ウー・アウン・コーに出会うのですが・・・・
それから、ローラはトラブルに巻き込まれ軍に追われて逃げることになります。
死んでしまいたいと思っていたローラが生きるために戦います。

スポンサードリンク

■映画 ラングーンを越えての感想

ラングーンを越えて [DVD]

涙なしでは見れません。
本当に悲しいです。
本当にこんなひどいことが行われていたなんて・・・・
今の私の生活は平和で本当に幸せだと思えます。

■映画 ラングーンを越えての評価

評価は、
★★★★
です

■まとめ

とても悲しい映画ですが、実際にあった実話を元にして作られた映画です。
ミャンマーの民主化運動は本当に悲惨だったのですね。
本当に上手に作られた映画です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました