映画 HUNT FOR THE WILDERPEOPLEのあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画 洋画HUNT FOR THE WILDERPEOPLEを見てきました。
この映画はニュージーランドの映画です。
ニュージーランドの映画はあまり日本では上映されないので日本では上映されないかもしれませんね。
映画 HUNT FOR THE WILDERPEOPLEのあらすじ、レビューや感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 HUNT FOR THE WILDERPEOPLEのあらすじ

リッキー(ジュリアン・デニィソン)は、彼の母がティンエイジャーの時に産んだ子供です。
フォスターファミリーといって親のいない子供や親が育てられない子供を育てる人たちに育てられます。
リッキーは盗みや放火、器物破損などの悪いことをいっぱいして、手のつけられない子供です。
警察のパトカーに連れられてフォスターファミリーのところに行きます。
リッキーはフォスターファミリーに引き取られても直ぐに逃げ出します。
最後に行ったフォスターファミリーも何度も逃げ出すのですが、優しいアンティが気に入り楽しく過ごすようになります。
アンクル(サム・ニール)は気難しいのですが、口数も少なくリッキーは気にしません。
でも、その大好きになったアンティが突然亡くなります。
リッキーはまた違うフォスターファミリーに行かなくては行かないので逃げ出します。
アンクルは森の中に逃げ出したリッキーを探しに行きリッキーを見つけます。
けれども、森の中で道に迷ってしまいます。

すぐに家に帰ることができなくなり、森の中を歩きまわっているうちにアンクルがリッキーを誘拐したことになってあちこちに張り紙がされたり、ニュースでも放送されます。
リッキーとアンクル二人は警察に追いかけられても逃げまわるのですが・・・・

スポンサードリンク

■映画 HUNT FOR THE WILDERPEOPLEの感想

コメディドラマと言うよりドラマという感じの映画で面白いのですが、ヒューマンドラマです。
優しい心温まる話と面白いところが混じっています。

リッキーの役のジュリアン・デニィソンはすごく上手だと思いました。
でも、私の友達はサム・ニールがすごく上手と言っていました。
後で調べたらサム・ニールは映画ジュラシック・パークでアラン・グラント博士をしていて、やっぱり演技はうまいのですよね。

■映画 HUNT FOR THE WILDERPEOPLEの評価

映画の評価を調べたら★が4つとか多かったです。
でも、私が星をつけるとしたら
星は★★★でしょうか

■映画 HUNT FOR THE WILDERPEOPLEの映画

この映画の英語はニュージランドの英語なので慣れていない私には聞きにくかったです。
でも、なんとか聞き取ることができました。

ニュージランドの英語は、発音がちょっと違っていて
例えば、
eggは、エッグと言わないでイッグ
mensは、メンズと言わないで、ミンズ
初めて聞くとわからないので覚えておくと良いですよ。

■まとめ

この映画HUNT FOR THE WILDERPEOPLEは意外にすごく人気でマネーモンスターよりも前に映画公開されたのに未だに映画館で上映されています。
マネーモンスターは、評価も低かったのですが、始まったなあと思ったら直ぐに終わっていて見ることができませんでした。
こんなに人気だと映画HUNT FOR THE WILDERPEOPLEは日本でも見ることが出来るかもしれませんね。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました