映画 レインメーカーのあらすじ、感想

ドラマ
スポンサードリンク

映画 レインメーカーThe Rainmakerは、1997年のアメリカ映画です。
映画 レインメーカーのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 レインメーカーのあらすじ

ルーディ・ベイラー(マット・デイモン)は弁護士の学校を卒業する前にブルーザーの弁護士事務所に雇われます。
そして、デック・シフレット(ダニー・デヴィート)と一緒に仕事をします。
病院に行き交通事故の被害者から保険会社からの保険金請求を代理でする仕事をとったりします。
そして、白血病患者への保険金を払わない保険会社を訴え法廷で争うのですが・・・・

スポンサードリンク

■映画 レインメーカーの感想

レインメーカー [DVD]

このレインメーカーは上手に作ってある映画です。
ダニー・デヴィートもこの役にピッタリです。
おすすめです。

最近のマット・デイモンをジェイソン・ボーンで見ましたが、この映画のマット・デイモンは若いですね。
でも、やっぱりマット・デイモンは演技がうまいです。

■映画 レインメーカーの評価

評価は、
★★★★
です。

■まとめ

私はマット・デイモンが好きです。
やっぱり、マット・デイモンは良いです。
彼は良い人だから、悪役はできないでしょうね。
テレビのトーク番組でよく見ますが実際のマット・デイモンも面白くて良い人です。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました