映画 恋とニュースのつくり方のあらすじ、感想

ロマンティック・コメディ
スポンサードリンク

映画 恋とニュースのつくり方 Morning Glory 2010年にアメリカで公開されたコメディ映画です。
映画 恋とニュースのつくり方のあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 恋とニュースのつくり方のあらすじ

朝のニュース番組のプロデューサーになった ベッキー・フラー(レイチェル・マクアダムス)は、視聴率を上げるために、TVキャスターをクビにして新しくマイク・ポメロイ(ハリソン・フォード)を入れます。
けれども、ニュースをしたかったマイクはいやいや仕事をしていて、視聴率を上げることができません。
マイクはコリーン・ペック(ダイアン・キートン)とも仲良くできず・・・・
番組を終わらせないためにベッキーは頑張るのですが・・・・

■映画 恋とニュースのつくり方の感想

恋とニュースのつくり方 [DVD]

出演者は、豪華でハリソン・フォード、ダイアン・キートン、ジェフ・ゴールドブラム
でも、ハリソン・フォード、ダイアン・キートンは映画の中ではすごく頑張っていたけど・・・・
特にダイアン・キートンは大きな気持ち悪いカエルにキスをしていて、本当に頑張っていると思います。
そこまで頑張っているのだけど、内容は今一歩です。

だから、1度見たらOKで何度も見たい映画でもないし
ロマンチックコメディーだけど、そんなに恋愛の部分も良くないし・・・

ハッキリいうと、つまらない映画です。

スポンサードリンク

■映画 恋とニュースのつくり方の評価

評価は、
★★
ですね。
テレビの評価は★が4つだったけど・・・
でも、私はそんなに良いとは思えません。
出演者は豪華で星が4つでしょう。

■まとめ

良い映画は、何度見ても良いけれど、この恋とニュースのつくり方は何度も見たい映画でもないし、テレビでやっていたら見たことのない人は見ると良いと思います。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました