映画 リトル・プリンセス 小公女のあらすじ、感想

クラッシック
スポンサードリンク

映画 リトル・プリンセス 小公女 A Little Princessは1995年のアメリカ映画です。
映画 リトル・プリンセス 小公女のあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 リトル・プリンセス 小公女のあらすじ

セーラは幼く母を亡くし父と一緒にインドに住んでいましたが、父が戦争に行かなくてはいけなくなったので、アメリカの寄宿学校に預けられます。
そこでは特別扱いで1番良い部屋を与えられます。
そして、みんなに好かれ楽しく過ごしていました。

けれども、父が戦死し屋根裏部屋に住むことになります。
すべての持ち物を学長のミンチンに取られ小間使いとして働きますが・・・・

スポンサードリンク

■映画 リトル・プリンセス 小公女の感想

リトル・プリンセス~小公女~ [DVD]

この映画は、私の好きな映画の一つです。
DVDも持っていて何度も見ています。
セーラー役の女の子が本当に可愛いです。
誰にでも優しく親切で、そしてどんなに悲惨な悲しいシチュエーションになっても夢を描き女の子は誰でもプリンセスだと言って諦めません。

最後はハッピーエンドになるので特に好きです。

■映画 リトル・プリンセス 小公女の評価

評価は、
★★★1/2
ですね。

■まとめ

子供の時に本も読んだことがあります。
夢があって本当に好きな映画の一つです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました