映画 ドクター・ドリトルのあらすじ、感想

エディ・マーフィ
スポンサードリンク

映画 ドクター・ドリトルDr. Dolittleは1998年のアメリカ映画です。
映画 ドクター・ドリトルのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ドクター・ドリトルのあらすじ

ジョン・ドリトル(エディ・マーフィ)は、子供の時に動物と話ができるスペシャルな能力を持っていましたが、父に異常だと思われ愛犬と引き離されてからは、動物と話すことはなくなりました。
そして、医者になり車で犬を轢いてしまいますが、その犬が今度から気をつけるようにと話す声を聞いてしまいます。
それから、動物の声がどんどん聞こえ始めて、彼の周りにいろいろな動物が集まってきてしまいますが・・・・・

スポンサードリンク

■映画 ドクター・ドリトルの感想

ドクター・ドリトル [DVD]


子供の時のエディ・マーフィの役をやっている子供ダリ・ジェラルド・スミスは本当にエディ・マーフィに似ています。
動物好きな人には特におすすめで面白いです。
子供が見ても大丈夫な映画ですから家族で見るのにも良いです。
本当に動物の声を聞くことができたらいいなあと思えます。
やっぱりエディ・マーフィは面白くてこの役にぴったりです。

■映画 ドクター・ドリトルの評価

評価は、
★★★
でしょうか

■まとめ

私は、エディ・マーフィの映画が好きです。
本当にエディ・マーフィはコメディ映画にぴったりです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました