映画 ベスト・フレンズ・ウェディングのあらすじ、感想

キャメロン・ディアス
スポンサードリンク

映画 ベスト・フレンズ・ウェディングMy Best Friend’s Weddingは、1997年のアメリカ映画です。
映画 ベスト・フレンズ・ウェディングのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ベスト・フレンズ・ウェディングのあらすじ

料理評論家のジュリアン(ジュリア・ロバーツ)の元ボーイフレンドのマイケル(ダーモット・マルロニー)は、別れてからは何でも話す親友です。
マイケルから、電話がありキンバリー(キャメロン・ディアス)と結婚するというのですが、その時ジュリアンはマイケルのことを愛していると自分の気持がわかります。
結婚を止めようとするのですが・・・・

スポンサードリンク

■映画 ベスト・フレンズ・ウェディングの感想

ベスト・フレンズ・ウェディング コレクターズ・エディション [DVD]

最初の歌は長すぎるけど、でも、始まるとホントに良いです。
面白いです。
上手に作ってある映画です。
人の気持ちを上手に表現しています。

キャメロン・ディアスも、ジュリア・ロバーツも演技がうまいです。

■映画 ベスト・フレンズ・ウェディングの評価

評価は
★★★1/2
ですね。

■まとめ

この映画ベスト・フレンズ・ウェディングはDVDを持っていますが、何度見ても面白いです。
私は、ジュリア・ロバーツの映画が好きですが、この映画は特に好きです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました