映画 デイズ・オブ・サンダーのあらすじ、感想

アクション
スポンサードリンク

映画 デイズ・オブ・サンダーは、1990年公開のアメリカ映画です。
映画 デイズ・オブ・サンダーのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 デイズ・オブ・サンダーのあらすじ

ハリー・ホッジ(ロバート・デュヴァル)はカーレースを辞めていたのですが、コール・トリクル(トム・クルーズ)のドライビングを見て、コールのために新しいレースカーを組み立てます。
コールは事故で病院に行き、クレア・レビツキ(ニコール・キッドマン)に会ってから、コールは、クレアを誘い続けコールのガールフレンドになります。
コールは事故を起こしてから、恐怖感で以前のように運転することができなくなるのですが・・・・

スポンサードリンク

■映画 デイズ・オブ・サンダーの感想

デイズ・オブ・サンダー [Blu-ray]


DVDを持っていますが、見ていなかったので、やっと見たのですが、思ったより面白かったです。
トップガンに似ていると言えば似ているけど・・・・
車好きな人には、特におすすめです。

トム・クルーズは、やっぱり演技がうまいです。
ニコール・キッドマンは、トム・クルーズほどではないですが、まあまあかな。

この映画の共演きっかけででトム・クルーズとニコール・キッドマンは結婚をしたんですよね。

■映画 デイズ・オブ・サンダーの評価

評価は
★★★
です。

■まとめ

トム・クルーズの映画を見れば見るほど、演技力がすごいと思えます。
いつの間にかいなく俳優さんが多い中、トム・クルーズが残っているのは演技力がすごいからだと納得します。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました