映画 ミート・ザ・ペアレンツのあらすじ、感想

コメディ
スポンサードリンク

映画 ミート・ザ・ペアレンツは、2000年のアメリカのコメディ映画です。2000年には最高の興行収入額を記録しました。
映画 ミート・ザ・ペアレンツMeet the Parentsのあらすじや、感想を紹介します。

スポンサードリンク

■映画 ミート・ザ・ペアレンツのあらすじ

グレッグ・フォッカー(ベン・スティラー)は、看護師で、恋人のパム(テリー・ポロ)は、小学校の先生です。
二人はパムの両親に会いに行きます。
元CIAの父親のジャック (ロバート・デ・ニーロ)はグレッグのことが気に入らなく・・・
そして、グレッグはジャックに気に入られるように頑張れば頑張るほど裏目に出てしまいます。

スポンサードリンク

■映画 ミート・ザ・ペアレンツの感想

ミート・ザ・ペアレンツ (字幕版)

新品価格
¥400から
(2016/8/10 12:42時点)

ベン・スティラーは、本当にこの役にぴったりです。
イライラするほど、ベン・スティラーのやることなすこと裏目に出てどんどん誤解されてしまうんですよね。
でも、私の好きなハッピーエンドで終わります。
思い切り笑いたい人におすすめです。

■映画 ミート・ザ・ペアレンツの評価

評価は
★★★1/2
ですね。

■まとめ

この映画 ミート・ザ・ペアレンツは私の好きな映画なので、もちろんDVDを持っています。
何度見ても面白いです。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました