映画 ボーン・アイデンティティーのあらすじ、感想

アクション
スポンサードリンク

映画 ボーン・アイデンティティーのあらすじ、レビューや感想を紹介します。
もうすぐ、新作の映画 ジェイソン・ボーンがはじまりますね。
これを見る前に、映画 ボーン・シリーズは全部見ておかないとね。

スポンサードリンク

■映画 ボーン・アイデンティティーのあらすじ

銃で撃たれ海の中を死んだようにさまよっていましたが、漁船に救助されます。
記憶を失っていて、自分の名前も思い出すことができません。
体の中に埋め込まれていたマイクロカプセルにはスイス銀行の口座番号が書かれていました。
そして、スイスに行き、公園で寝ているところを、警察官に尋ねられ、突然2人の警官を自分でもわからないままま叩きのめしてしまい逃走します。
そして、スイス銀行に行き貸し金庫の中を見ると、大金とたくさんの偽造パスポートが入っています。
パスポートから、自分の名前が、ジェイソン・ボーンだろうと思います。
パスポートに書かれている住所パリに行こうとしますが、警官を叩きのめしたために、警察に追われることになります。
逃げている途中、マリーに会い10000ドルでパリまマリーので車で乗せて行って欲しいと頼みます。
お金が必要だったマリーは引き受けますが、・・・
そこから、二人はCIAや警察に追いかけられ・・・・・

■映画 ボーン・アイデンティティーの感想

映画 ボーン・アイデンティティーはアクションスリラーでドキドキしながら見ました。
マット・デイモンはやっぱり上手です。
マット・デイモンはコメディ映画にも出ていますが、サスペンスのアクションの役にもぴったりです。
追いつめられても、なんとか逃げ、目が離せません。
私の大好きな映画の一つです。

スポンサードリンク

■映画 ボーン・アイデンティティー シリーズ

ボーン・アイデンティティー (字幕版)


第1作『ボーン・アイデンティティー』(2002年)
第2作『ボーン・スプレマシー』(2004年)
第3作『ボーン・アルティメイタム』(2007年)

第4作『ボーン・レガシー』 (2012年)
ジェレミー・レナー主演

ボーン・アイデンティティーのシリーズは、4作まであって3作までは、マット・デイモンが主役ですけど、4作の『ボーン・アルティメイタム』はジェレミー・レナーです。

4作の『ボーン・アルティメイタム』はテレビでやっていたのを見たのですが、つまらない、本当に面白く無い。
なんか『ボーン・アルティメイタム』のリメークみたいで、同じ過ぎる内容で、でも、マット・デイモンじゃないし、
途中で見るのをやめてしまいました。

■まとめ

今回また新たに『ジェイソン・ボーン』が7月28日公開されますね。
日本公開日が10月7日(金)なので、一足先に見てきますね。
私はマット・デイモンが大好きなので絶対見たいです。
もう1度、ボーン・シリーズを見なおししています。

スポンサードリンク

コメント

タイトルとURLをコピーしました